Top

DIF ADSC (DIF ヒト脂肪由来幹細胞培養液)

 DIF ADSC (DIF ヒト脂肪由来幹細胞培養液)

 
ヒト由来の幹細胞コスメには、ヒトの脂肪から採取した幹細胞の培養液である「ヒト脂肪由来幹細胞培養液」が多く用いられています。この成分には、細胞の活性を促すさまざまな成長因子などのサイトカイン(細胞活性のカギとなる情報伝達物質)や、コラーゲン、ヒアルロン酸、エラスチン、などの細胞外マトリックスタンパク質、老化の原因となる活性酸素を除去するSOD(抗酸化酵素)などの酵素、ビタミンなどが豊富に含まれており、保湿や美白、新陳代謝の活性化、血行促進、抗炎症作用などの美容効果が期待できます。ヒト脂肪由来幹細胞培養液に含まれる主な成長因子には、次のものがあります。
・EGF(表皮細胞成長因子)
表皮幹細胞に表皮細胞を増産するシグナルを出し、肌のターンオーバーを促進して、シミやくすみを改善します。
・FGF(維芽細胞成長因子)
真皮幹細胞に線維芽細胞の増殖を促すことで、コラーゲン、エラスチン、ヒアルロン酸、SOD(抗酸化酵素)などを増やし、肌にハリや弾力を与え、シワやたるみを改善します。
・PDGF(血小板由来成長因子)
線維芽細胞の増殖を促進します。
・TGF-β(トランスフォーミング成長因子)
抗炎症効果などがあり、敏感肌などを改善します。
・VEGF(血管内皮細胞成長因子)
新しい血管を形成するために大きな役割を果たします。
このように幹細胞コスメに配合される「幹細胞培養液」の化粧品を利用することで、肌を再生する効果が期待される「幹細胞培養液」のコスメ(化粧品)が注目されています。
 

Copyright © 2021 www.lollanaclinic.com. All rights reserved. DESIGN BY WEBUNQIUE